RENIARA(レニアラ) ハンドメイドジュエリー【RENIARA】では、彫金・漆芸の技術を活かしてシルバー・真鍮・ゴールド・天然石・漆等を使用したジュエリーを屋久島の工房で一つ一つ丁寧に作っています。自然・植物・動物の美しいフォルムからヒントを貰ったデザインのネックレス・イヤリング・ピアス・リングを始め、マリッジリングやオーダーメイドも承っています。

シルバー925について/意外と知らない素材の話 

アクセサリーに使っている素材、その扱い方や違いについて聞かれる事が、しばしばあります。

 

そして、日常で着けているアクセサリーについても意外と知らない事が多いので、それぞれの素材について、ご紹介していきます。

 

まずは、RENIARAの作品でも一番使う頻度の高い、シルバーのお話から。

 

シルバー925とは?

 

2連になっているシルバーリング

 

一般的に「シルバーアクセサリー」と呼ばれる素材の主流がシルバー925(Silver925)。

 

スターリングシルバー(STERLING SILVER)という呼び方もあります。

(“STERLING″とは「価値のある」「本物」という意味があります。)

 

925という数字は、その合金に含まれる銀の割合を示しています。

 

Silver925の場合、銀が92.5%+その他、主に銅などの金属が7.5%という事になります。

 

 

その他にもSilver950、あまり見かけませんが、Silver1000、Silver900、silver800も、素材として使われている事があります。

 

Silver950は、銀が95%+その他5%

Silver1000は、銀100% =純銀です。

 

(銀 + 銅のみで作られたシルバー925しか、正式な「スターリングシルバー」とは認められない、という説もあります。)

 

では、どうして全て純銀ではダメなのでしょうか?

 

それは、銀そのものはとても柔らかく、すぐに曲がったり傷がついたりして、実用にはあまり向いていないからなのです。

 

そこで、硬い金属=主に銅などを少し混ぜる事で強度を高め、それでいて銀本来の美しさを損なわない絶妙なバランスで、扱いやすい「Silver925」という素材が生まれた訳なんですね。

 

デニムと白シャツ、シルバーアクセサリーを着けた女性の手

 

 

金属アレルギーは出やすい?

シルバーは金属アレルギーが出やすいと思われがちですが、

実は、本来ならシルバー925はアレルギーが起こりにくい素材なのです。

 

それでもアレルギー反応が出てしまう場合があるのはなぜかというと…

 

・アジア圏等からの安価で輸入されるシルバーには、アレルゲンとなる金属が混ざっている場合が多い

 

・変色を防ぐためにロジウムメッキを施しているシルバー製品が多い中、安価なアクセサリーには、磨きの工程を省く為に下地にニッケルを使用している事が多く、このニッケルにアレルギー反応が出る

 

安価なアクセサリーにはそれなりの理由があるという事で、アレルギー体質の方は気をつけた方が良さそうです。

 

 

シルバーとの上手な付き合い方

 

シルバー925製品は変色するからと嫌厭される方も多いですが、お手入れや保管方法など付き合い方が分かれば、いつまでも使える一生モノなのです。

 

 

そもそもなぜ変色するのかというと、

 

汗や空気中の硫黄(イオウ)成分に反応して硫化する事により、黄ばんだり黒っぽくなったりしてしまうのです。

特に硫黄成分のある温泉は敵面です。

 

私も昔、うっかりシルバーの指輪をはめたまま硫黄の匂いがぷんぷんする温泉に入ったら、一瞬で真っ黒に変色してびっくりした事があります(笑)

 

でも大丈夫!

変色してしまったとしても、シルバー用洗浄液などでクリーニングすれば、また元通りになります。

 

お手入れ方法に関しては、また後日詳しい記事を書こうと思っています。

 

 

変色しにくい保管方法

 

ちょくちょく身に着ける場合はそこまで神経質にならなくても問題ありませんが、たまにしか使わない場合は特に、なるべく空気にさらされないように、密閉される箱や、チャック付きビニールなどで保管するだけでも、かなり変色を防げます。

 

ジュエリーボックスに入った指輪やピアス

 

使用後(ネックレスチェーンは特に)、保管する前に柔らかい布で拭いてあげる(沢山汗をかいた場合は水洗い後よく拭いて乾かす)と、より変色しにくくなります。

 

特に指輪やピアスなどはしばらく身に付けない時に、箱などにしまわず放って置かれると、あっという間に黒ずんでくるのに、毎日つけていた方が自然と磨かれる為か、あまり変色しないのが、なんだか生き物のようで愛着が湧いてきます。

 

 

経年変化も楽しめる

 

変色する事がデメリットばかりのように書きましたが、インディアンジュエリーなど銀の特性を活かして、あえていぶし銀の味を楽しむアクセサリーも沢山あります。

 

アクセサリーのタイプにもよりますが、少しの傷や黒ずみも、使い込んだからこその深みのある味として、経年変化を楽しめるのもシルバー製品ならでは。

 

木の箱にインディアンジュエリーが積み重なる

 

そして程よく重量感はありながらも、ゴールドやプラチナに比べると軽量なので大きめなデザインでも着けやすく、価格もお手頃なので気軽に日常使いが出来るという点も、シルバーアクセサリーの魅力の一つだと思います。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

シルバー925について、掘り下げればまだ色々な話がありますが、あまりマニアックになりすぎてもと思い、重要なところをピックアップしてまとめてみました。

 

少しでもシルバーの魅力が伝わり、今後アクセサリーを選ぶ際の参考にしていただけましたら幸いです。

 

また後日、今度はゴールドについてや、お手入れ方法についての記事も順次投稿していく予定ですので、よろしくお願いいたします。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

RENIARAおすすめのシルバージュエリー

 

バオバブのシルバーネックレス
RENIARA (ネックレス)
苔模様のシルバーリング
雨上がりーWideー(リング)
三日月と星モチーフのコイン状のシルバーネックレス
三日月と星 (ネックレス)
鹿の角のシルバーピアス
Yakushika (ピアス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RENIARAは、一過性のアクセサリーではなく、愛着を持って末長く使っていただける商品作りを心掛けています。

お買い上げ頂いたあとも、修理やクリニーングなどのアフターメンテナンスも行っております。

 

ハンドメイドジュエリー | RENIARA(レニアラ)

RENIARA(レニアラ)

ハンドメイドジュエリー【RENIARA】では、彫金・漆芸の技術を活かしてシルバー・真鍮・ゴールド・天然石・漆等を使用したジュエリーを屋久島の工房で一つ一つ丁寧に作っています。自然・植物・動物の美しいフォルムからヒントを貰ったデザインのネックレス・イヤリング・ピアス・リングを始め、マリッジリングやオーダーメイドも承っています。

屋号 RENIARA(レニアラ)
住所 〒891-4312
鹿児島県熊毛郡屋久島町船行3-1
営業時間 10:00~15:00(不定休)
代表者名 濱田 梓(ハマダ アズサ)
E-mail info@reniara.net

コメントは受け付けていません。

RENIARA(レニアラ) ハンドメイドジュエリー【RENIARA】では、彫金・漆芸の技術を活かしてシルバー・真鍮・ゴールド・天然石・漆等を使用したジュエリーを屋久島の工房で一つ一つ丁寧に作っています。自然・植物・動物の美しいフォルムからヒントを貰ったデザインのネックレス・イヤリング・ピアス・リングを始め、マリッジリングやオーダーメイドも承っています。

〒891-4312
鹿児島県熊毛郡屋久島町船行3-1

090-7244-2879

10:00~15:00(不定休)